あなたは何で選んでますか?料金で選ぶ名古屋脱毛ランキング
最新のランキング結果はこちら

脱毛後の肌は傷ついた肌と同じ

脱毛後の肌は傷ついた肌と同じ

ムダ毛だけにダメージを与えて処理しているようでも、周囲の皮膚や毛穴は少なからずそれに巻き込まれて、被害を被ることになります。毛抜きでムダ毛を抜く場合にもカミソリで剃る場合でも、肌が傷つく事実は変わりません。
脱毛クリームや脱毛器といった肌に優しいと言われている道具を使用する時ですら、脱毛時の肌ダメージをゼロにするのは不可能だと言われます。本来人間の体には無駄な毛など存在せず、脱毛といって必要な毛を見た目が悪いという理由で排除しているだけなのですから、大なり小なり反動が起こるのも致し方ないことといえるでしょう。 脱毛後の肌を放置してしまうと、ダメージは積み重なって色素沈着や炎症といった肌トラブルが発生します。脱毛後のアフターケアでは、ダメージを残さないよう保湿による治療が求められます。潤いとそれを促進する成分を肌に与え、傷ついた皮膚を保護するのが目的となりますので、化粧水やクリームは惜しみなく使用していきましょう。
脱毛器での脱毛は特に脱毛時の熱により、脱毛部位周辺の皮膚がやけど寸前の状態にまで熱せられている可能性がありますので、保湿と共に冷却も行うようにします。保冷材を当てて軽く熱をとってから、日焼け後の肌ケア用の冷却効果のあるジェルを塗っておくのがおすすめです。
正しく冷却と保湿ができていれば、一時的に肌が赤くなっていたとしても、自然に元の肌色を取り戻します。いつまでも赤みが引かないというときには、迅速に皮膚科のある病院を訪問し、医師の診断を仰ぐようにして下さい。